最終更新日:2005年5月13日


・はじめに
・発病・告知から入院

・2003年 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
更新日:2003年10月11日

・2003年 10月 11月 12月 ・2004年 1月 2月 
更新日:2004年2月29日

・2004年 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

闘病日記(闘病闘唄)
          はいせんがん  ひしょうさいぼうがん
病名 肺がん(肺腺癌・非小細胞癌)
     末期    細胞診・class・1〜Xの内 (X)
     病気(stage)・T U V Wの内 (W)
国立ガンセンターのデーター
http://www.ncc.go.jp/jp/
KOUTAROの肺ガン末期の生存率
1年・30%   5年・10%未満
KOUTAROが経験した闘病記録 病気で闘う同士に捧げます 
参考になれば幸いです。
たくさんの方々の激励 千羽鶴や寄せ書き 心より感謝いたします


はじめに
これを執筆している現在1年1ヶ月がたっています 今ほどガンにかんして知識があれば
助かったことたくさんあると思いました よって出来る限り詳しく書く努力をいたしますが
個人差があることを ご了承ください あくまでも参考にしてください


2003・4・13日
ABC朝日放送の取材を受ける
ドキュメント番組になるらしいよ!
夜 友人宅でのプライベート・パーティー招かれる
ミニ・ライブ行う

2003・4・14月(抗がん剤・4)
採血・CEAなし
白血球・3800だったので 抗がん剤OK!
白血球が3000より下がると 抗がん剤ストップになる
4・14  4・7  3・24  3・17  3・3  2・21 
3.8   3.1  4.3   5.0  6.4  4.7 白血球
・4時〜朝日新聞取材
・むかつき止め 1日3回 4日分
 プレドニン5mg・プリンペランf634 各1錠

2003・4・16水(引越し荷物整理)
抗がん剤
闘病中にもかかわらず 新築マンション購入した
これを機転にまたがんばろう!
引越し業者の方が来て 荷物詰やらなんやら すべてやってもらう

2003・5・2金〜5日月(春の妙高高原)
心機一転リフレッシュする為 友人の車に便乗し
春の妙高高原へ行く マイナスイオンいっぱいだ
春だと言うのに 少し肌寒く 除雪した雪が残っていた
友人がたくさん参加してくれて 春のライブ 歓喜歓喜で終わった
ライブのようす取材を受け 朝日新聞で紹介される

2003・5・5月祝
無事 妙高高原から帰阪

2003・5・7水(抗がん剤5クール・小さくなった日)
CEA・319と小さくなった やった〜 
CEA(腫瘍マーカー・体内の腫瘍の面積が採血でわかる)
先月・CEA・333  今月・CEA・319

2003・5・8木
抗がん剤 今回は非常に むかつきがひどい

2003・5・9金
今までの抗がん剤で 1番むかつくな〜

2003・5・11日
ボブマーレー追悼イベント・須磨の風 参加できず
今年も誘っていただき 出演したかったんだけど 断念

2003・5・13火
朝日新聞夕刊で紹介される
朝日新聞の夕刊で 元気で闘病と闘う姿や 
妙高高原で全国の友人が集ってくれて行った ライブのようす紹介される
この日から 病気と闘う家族の方や 色んな方から
ホームページを通じてお便りをいただき 激励をうけ 励ましあう
元気で戦う姿が 同じ境遇で闘う人達に 勇気を与える事ができたらしい
負けないで 戦い続けて来て 本当によかったと思った
全国の同士諸君 生きてるあいだは 絶対に負けないでください!
勇気希望忍耐! 勇気希望忍耐! 勇気希望忍耐!

2003・5・17木(引越し)
引越し当日 まったく何もせず すべてやってもらった
やっぱ新築はいいな〜って満喫する 今日からまた がんばるぞ〜

2003・5・19月
朝日放送TV取材受ける 

2003・5・26月

胸部・CT 久しぶりに頭部・MRI

2003・5・28水
朝日新聞朝刊に紹介される
朝日新聞の朝刊で 元気に病気と戦うようす 紹介される
反響があり 色んな方から激励をうける
また 記事の内容が全国の病気と闘う同士諸君に 
勇気と希望を与える事ができ ホームページを通じて
たくさんお便りをいただく 本当にガン患者の方の多さにビックリする
63歳のY氏 病気以前はトライアスロンを趣味にされてた
ガンが判明し毎日落ち込んでた時 KOUTAROの記事を見られた
息子さんに「ガンでもこんながんばってる人いてるんや」
「この人のホームページ見れるようにして」そう言って
息子さんを通じて KOUTAROホームページを見られた
そして お便りをいただいた その日から メールで お互いを励まし合う
勇気希望忍耐! 勇気希望忍耐! 勇気希望忍耐!

2003・6・2月(抗がん剤・6クール・脳転移の疑い)
CEA・332 今月は少し大きくなった へこむ
(CEA・腫瘍マーカー・体内の腫瘍の面積が採血でわかる・標準0〜5)
先月・CEA・319  今月・CEA・332
頭部・MRI 脳への転移の疑いだ 脳の腫瘍が見つかる
久しぶりに めちゃめちゃへこむ 
またあの痛いガンマーナイフ やるかもしれないと思うと 怖くて震える 
久しぶりに 末期ガンを実感する 最悪で恐怖な日
家に帰って かみさんに話すと 絶句してた
その日 二人共 言葉なく過ごす

2003・6・3火
抗がん剤・2日目
落ちこんでるので 無口
看護婦さんも 気を使ってくれる
抗がん剤(カルセド) TVの取材を受ける

2003・6・4水
抗がん剤・3目

2003・6・5木(総合医療センター・脳神経外科診察)
大阪総合医療センター・脳神経外科 診察
小さな腫瘍がMRIで写っているが この写真では何ともいえない写り方だ
まちがいも ありうるので 来週もう一度
造影剤を入れて MRIを撮り直し 決定する事になった
1週間寿命が延びた気がした 
友人がたくさん心配してくれて 電話くれる

2003・6・6金
やはりむかつきがひどい 来週の診察まで まな板の上の鯉状態だ
やたら 眠い

2003・6・10火(SOLO・LIVE決定した日)
友人の進めで1年半ぶりに ソロライブを決定する
もう 病気に振り回されるのは いやだ
絶対 ソロライブやるんだ やってのけるんだと決意した日
1日中 電話で打ち合わせのため話してた

2003・6・11水
いよいよ明日 脳への転移はっきりする 決断の日
まな板の上の鯉状態だ!
昨日より少しましだが 少ししんどい
朝 曇ってたが いい天気になった

2003・6・12木(2度目の転移&TV取材)
運命の日がやってきた 今日 脳への転移がハッキリする
朝からTV取材を受けてるので カメラマンの方が一日撮影する
総合医療センターは混んでいるので 
近くの脳外科で 造影剤を入れて MRIの撮影する
やがて診察時間がやってきて 呼ばれた まな板の上の鯉状態
怖いよ 怖いよ そう心が叫ぶ 足が動かないのを無理やり歩く
これは 完璧やな〜 とドクター 頭が真っ白になった
左側頭部1×2cmの腫瘍 見つかる たしかに写っている
また痛いけど しゃないな〜 がんばってガンマーナイフやろか?
ドクターにうながされ コックリ返事する
今回は鎮痛剤を使ってくれる事になった
カメラが回ってるのも忘れ 診察室から うなだれて出てきた
2度目の脳への転移だ! ショック

2003・6・18水
徳島のファンの方が ガンに効く石があるからと 持ってきてくれた
あまりにでかく 郵送できないので わざわざ車で持ってきてくれた
お風呂に入れると効果があるらしい 感謝で胸一杯だ ありがとう


2003・6・19木(総合医療センター再入院)
ずっとドキュメントの撮影の為 TV局の取材が入ってるので
朝からいっしょに病院へいく 手続きをすませ 病室へ
怖いよ 怖いよ いよいよ明日 ガンマーナイフだ
ガンマーナイフの手術のようす TV取材 OKが出る

2003・6・20金(ガンマーナイフ当日&TV取材)
朝6:00 看護婦さんに起こされ起床 
朝7:00 点滴 
朝8:00 注射 2本(脳の腫れ止め&鎮痛剤)
手術着に着替えて いよいよ 始まる 怖いよ 怖いよ
ベットから寝台に移され 廊下を進んで行く
あお向けに寝てるので 蛍光灯が流れて行く 逃げ出したい気分だ
エレベーターがいっぱいで 乗れなかったので ホットする
次のエレベーターに乗り 手術室へ もう腹をくくるしかない
朝8:40 ガンマーナイフ開始
絶対 動けないので 鉄火面のような プロテクターを付ける
おでこ 2点 後頭部 2点 頭蓋骨まで 長いネジを締めていく
TVカメラがすべて記録する中 痛みに耐える
今回は2回目で 鎮痛剤も使ってるので なんとか痛みに耐える事ができた
プロテクター装着後 MRIで脳すべて撮影した結果
4ヶ所 脳腫瘍見つかる 1ヶ所 1×2cm  3ヶ所 5m程度
ずっと前に転移してたのが 大きく育ったのか 最近転移したのか
今の所 そこまでは わからないんだ
昼までに ガンマーナイフ終る 麻酔がきれて 少し痛む
でも やっと終ったんだ ばんざ〜い
どんな辛い事でも 過ぎてしまえば なんでもないんだぞ〜 
終った〜 痛ちぃ〜

2003・6・21土(総合医療センター退院)
痛みもすっかり消え 昨日の事が うそのようだ
現代医学の進歩の恩恵を受けてる実感を感じた
ガンマーナイフがなければ 開頭手術だ もっと大手術になってる
ガンマーナイフのおかげで 2泊3日で退院できる
しかし プロテクターを付ける痛みがなければ もっといいんだけどな
ドクターもしっかり治療できましたと言ってくれて バンバンザイ
優しかった看護婦さん達にも お礼を言い 無事退院した
2度目の脳への転移は しっかり治療できた 
後は1年ぐらいかけて 腫瘍が枯れていくのを 監視するだけだ

2003・6・22日(バーベキューパティー)
今日はいよいよ 1年半ぶり ソロライブ闘病闘唄の 前売りチケット発売日
前から友人宅でのバーベキューパーティーに誘われてたので
頭にカットバンを貼ったまま出席し 皆を驚かす
焼肉を満喫し 歌もうたった 光太郎の元気に みんな驚く

2003・6・23月(抗がん剤)
CEA・333〜302 と下がってたので大喜びする
CEA(腫瘍マーカー・体内の腫瘍の面積が採血でわかる・標準0〜5)  

2003・6・24火
TV取材を受けながら 抗がん剤(点滴・カルセド)

2003・6・25水
抗がん剤 今日は むかつきがひどい 
精神障害者のイベント ノックユアハート出演依頼
新聞で紹介されたのを見て 共感されての出演依頼だ 
抗がん剤のペースがわかっているので ドクターと相談して決める

2003・6・26木
今回は むかつき止めの薬 もらい忘れたので つらい
次回からは ちゃんともらおう

2003・7・1火(ライブのゲスト出演)
今日は 東京の友人が神戸でライブをやる 
だから ゲスト出演するんだ 久しぶりに神戸の空気は美味しい

2003・7・5(奈良・吉野ホタル見に行く)
尊敬する大アーティスト 坂本先生が前から 
奈良の吉野にある アトリエに遊びにおいでって 誘ってくれていたんだけど
なかなか行けなかったが ようやく今回は行ける事になったんだ
自分で愛車を運転した 大阪から1時間30分ぐらいで行けるそうだ
地図を見ながら 携帯が入る間 道を聞きまくり ようやく到着
きれいな小川が流れる所に アトリエはあった 釣り人はアユ釣りをしている
大きな日本家屋の中を坂本先生が でっかい丸太を入れて
大胆に作りかえている 木の香り漂うアトリエだ 
川の後ろには 山が見え 大木のテッペンには 天狗が立っていそうな
幻想的な眺めだ 川の向こう側のアトリエの窓から
坂本先生が手を振って 出迎えてくれた!
その夜は 近所の人もいっしょに ハモやら なんやらいっぱい食事をし 
朝取りの野菜も たくさん食べた
アトリエいっぱいに 展示された作品に 息をのみ
すんげ〜の連発だった 本当に素晴らしい作品ばかりだった
まだ未発表の作品まで 見せてもらって 大感激だった
次の日 早起きし パジャマのまま ベランダでギターを弾いていた
アユ釣りをしてる人 山にかかる水蒸気を眺めながら 歌ってると
童謡がクチから飛び出した 川のせせらぎを 聞きながら歌ってると
いつしか 坂本先生もいっしょに歌ってた
この日がきっかけで ライブで童謡を歌うことにした

2003・7・6月
マイナスイオン満喫し 31日のソロライブのアイデアが溢れている
アイデアをこぼさないよう帰阪 NHKの取材を受ける

2003・7・10木(妙高高原)
妙高高原に出発!

2003・7・10木(妙高高原へ出発)
ガンと闘ってるなんて うそのように元気だ!
ホームページを作ってくれてる 管理人さん「ただの酔っぱらいさん」の
車に同乗して 後から来る みんなより一足先に妙高へ出発だ!

2003・7・11金
朝方 妙高高原に到着だ さっそく美味しい水をもらい ゴクゴク
ただの酔っぱらいさんはビールを ゴクゴク
マイナスイオンいっぱいだ〜 妙高の香りだ〜 緑の香りだ〜
虫達 鳥達の歌声を聴きながら しばし お昼寝だ 気持ちいい
妙高には エアコンいらないから ないんだ 肌寒いくらい
暖炉に薪をくべて 炎を眺めて 全開の窓からは 気もちいい風
ペンションの御主人が そばをうち始めたので よばれる
今まで食べたそばで 一番おししかった

2003・7・12土(恒例・妙高高原マイナスイオンLIVE)
毎年「海の日」7月20日をライブの日でやってたけど
ちょうどその頃 神戸では神戸祭りだったり 妙高でも忙しい時期
だから今年はちょっと時期を早めたら まだ梅雨あけのはっきりしない季節
小雨が昨日から パラパラ降ったり やんだりだ
雨の妙高なんて 初めてだが よりいっそう マイナスイオンが多くなり
空気は抜群だ 体も心も 洗われるようだ
くりの木の下 栄養満点の土の上 ステージ作りをしてくれた
くりの実が落ちてきたら 危ないので 屋根まで つけてくれた
結局ライブが始まる時間に また小雨が降ってきたので
急遽ペンションの下 雪国の為 除雪機やなんや おけるようになってて
天井がとても高いので そこでやることになった
イスやらテーブルやら置くと まるでニュヨークのライブハウスのようになった
ステージのバックはレンガだ 小雨もあがり霧が出てきてスモークのようだ
「ペンション・みみずく」恒例バーベキュー 美味しい料理満喫
いよいよ今年のライブが始まった 今年は今までになく
たくさんのミュージシャンが 全国から参加してくれた 光太郎 大感激だ
特に関東方面の友人達は 東京から4時間ぐらいなので
参加者も多かった ライブ中 霧の中から バイクの音とともに
ハーレーでやってきた 東京の先輩達 さっそく一緒に歌った
3時間以上にわたるライブになった 歓喜 歓喜 歓喜の一日だった

2003・7・13日
妙高の余韻を残したまま 無事帰阪する

2003・7・14月
今日は病院の日だ 採血をしたら ガンが大きくなってた
めちゃくちゃショックだった 妙高で 絶対よくなってると 思ってただけに
今回はへこむ ショックで言葉もでない 一日うつむいてた
CEA・344(腫瘍マーカー・体内の面積が採血でわかる・標準0〜5)
先月・CEA302  今月・CEA344
ドクターは現在使ってる抗がん剤・カルセドが薬剤耐性で
効かなくなってきている 可能性が大だと 話された
カルセドが 今まで押さえてくれてたが 「ガン」がついに 反撃に出た
次回 CEAが上がってたら 新しい抗がん剤に変えると説明を受ける
 
2003・7・15火
抗がん剤・カルセド

2003・7・16水
抗がん剤・カルセド

2003・7・22火(KBS京都ラジオ出演)
どうか今の抗がん剤・カルセドが 効きますように 祈る中
KBS京都ラジオへ ゲスト出演だ 久しぶりの京都だ
母校の音楽学校の校長と 京都のハードロッカーの友人を誘い
一緒に出演する
夜は ソロライブの リハーサルで大忙しの日だ

2003・7・24木
数日前から かみさんが風邪をひいていた 気をつけていたが
ついに うつってしまって 久々風邪をひいてしまった
肺ガン患者に風邪は とても怖いんだ 

2003・7・25金(天神祭り)
東京の友人が 天神祭りで 船の上で演奏するので
光太郎も おいでよって 前から誘ってくれていて 行く事になってたけど
結局 船上ライブには行けず 急遽キャンセルした

2003・7・26土
今日も友人が 大阪でライブをやるのに ゲスト出演する予定だったが
風邪の為キャンセル 

2003・7・29火
ずっと風邪の為 おとなしくしてたので ようやく風邪もよくなり
今日は ソロライブの リハーサルに 行く事ができた
またまた 怖い風邪を なんなく乗り越えた

2003・7・30水(最終リハーサル)
いよいよ 1年半ぶりのソロライブ きょうは最終リハーサルだ
みんな気合の入った音を出してる 特に東京勢はすごかった
明日の本番にそなえて 充分ウォーミングアップし 早めにきりあげた

2003・7・31木(ソロライブ・闘病闘唄)
いよいよ今日は 1年半ぶりのソロライブだ 東京&関西の友人が集ってくれ
光太郎の歴史的な日が 刻まれる事になる
昼2:00入りし みんなと語り合い リハーサルを充分とった
照明&音響のスタッフの方々とも 打ち合わせを しっかりした
あまりに一生懸命な光太郎を 友人達は押さえた あんまり無理すんなよ
後は友人達にまかせて 控え室で ゆっくり過ごす
そのうち 差し入れやら なんやら 色んな方が 激励におとずれてくれ
楽屋は てんやわんやになり 大混雑した
いよいよ本番が始まり KOUTAROの歴史的なライブが始まった
その日は 会場全体 感動し 歓喜し 笑い泣き また歓喜した日だった
坂本先生のアトリエで歌った童謡も レパートリーに入っていた
最後の最後に 友人達に 背中を押されるように SAZANAMIを一人で歌った 
会場全体が すすり泣いた 一番前の席で 若い男性が なりふりかまわず
子供の様に 声をあげて 泣いていた その隣でも その後ろでも 泣いていた
最後に何があっても絶対負けない事をメッセージし ライブは終了した!
この歴史的なライブの模様は レコーディングされており 
KOUTARO初 ライブCD「闘病闘唄・とうびょうとうか」で発売する事になった
まさに生きる事は 歓喜 歓喜 歓喜の連続だ!
明日からまた がんばろうと誓う!

2003・8・1金
ソロライブの余韻が残り 興奮さめやらぬ日々を送ってる

2003・8・3日(神戸チキンジョージ・ゲスト出演)
今日は神戸の人達のイベント ゲストに招かれてるので 出かけて行く
久しぶりに神戸の友人達と 盛り上がり 気がつけば出演時間
衣装に着替えて ソロライブで演った 一人の弾き語りの曲
そのままやった 童謡やら 美空ひばりさんの 川の流れのように
1曲目だけ ボブマーレーのNO WOMAN NO CRYを歌った
ソロライブの時のように すすり泣く人が 大勢いた
アンコールがきて SAZANAMIのリクエストがあったので 歌った
演奏終了後 サイン攻めに合い たくさんCD買ってくれた

2003・8・5火
いよいよ明日 採血をして CEA(腫瘍マーカー・体内の腫瘍の面積)
大きくなってたら 新しい抗がん剤を使うので 副作用を用心して
3週間入院する事になる このあいだ投与した抗がん剤・カルセドが
効いて小さくなってれば カルセド続行になる
どうか 小さくなっていてくれ 祈る気持ちだ
ちなみに8月には 徳島のファンの方から 阿波踊りに誘われている
サジキ席を取って 待ってくれてるんだ 入院だと 行けそうにないよ

2003・8・6水(入院決定)
採血の結果 CEA361 と大きくなっていた
前回 CEA・344  今回 CEA・361 ガックリ肩を落とす 
まったくシビアだ 入院決定だ

2003・8・11月(入院日)
前日に用意した荷物を持って いよいよ入院だ 
新しい抗がん剤に挑戦するぞ〜 今度のは下痢が止まらなくなるらしい
結構恐ろしいな お腹を整える薬が出た
酸化マグネシウム 炭酸水素ナトリウム 一日3回 
病院食も3分の1ぐらい食べた

2003・8・12火(新・抗がん剤・挑戦)
前回の抗がん剤 カルセドの時もそうだったが 新しい抗がん剤を使うときは
緊張する 朝9:00 抗がん剤が初まった 点滴で3本 入れていくんだ
カイトリル(むかつき止め) トポテシン75mg パラプラチン500mg
昼12:00頃終る 1週間に1回 やって行く

2003・8・13水
検温36℃ 腹部エコー 昨夜から少し むかつく

2003・8・14木
検温36.4℃ 予定なし
クスリ むかつき止め 酸化マグネシウム 炭酸水素ナトリウム

2003・8・19火(抗がん剤)
今回は抗がん剤 2本だ むかつき止めと 抗がん剤
むかつき止めの 飲み薬 プリンペランが出る
むかつき激しく 夜 咳がよくでる

2003・8・20水
朝 ミルク 検温36.5℃ むかつきがある
ソロライブの 見本CD出来上がってきたので 持ってきてくれた
お見舞いに来てくれた友人達と一緒に 昼食べた
今日からさらに むかつき止め(ナゼア)が追加された
ライブCD・闘病闘唄・とうびょうとうか は10月1日発売予定だ
夜は ソーメンを食べた

2003・8・21木
今日は咳が随分ましだ 朝食は 食欲がないので 桃を食べた
やはり むかつきに悩む

2003・8.23土
ホームページの管理人さんが ソロライブ闘病闘唄のDVDができたので
持って来てくれた 週末なので 外泊することにした

2003・8・26火
抗がん剤 3週目 2本
やはり むかつきがある 食欲がないが がんばって食べる

2003・8・27水
朝9:00 主治医問診 咳が出だしたので 薬をもらう

2003・8・29金(退院)
採血の結果 異常なかったので 無事退院する

2003・9・1月
MRI 脳の検査

2003・9・5金
以前治療してた 奥歯の詰め物が 取れたので 歯医者へ行く
歯医者へ行くにも 主治医の許可がいるんだ
多量の出血や 薬も相談しながらでないとダメだし 
できるだけ 短期で歯の治療は おわらせないといけない

2003・9・11木(ガン大きくなる)
採血の結果 CEA・487(腫瘍マーカー)  前回CEA・361
入院して新しく使った抗がん剤が 全然効いていなかった
むちゃくちゃショックと 恐怖に襲われる 声も出ない
この間の MRIでの 脳の検査は 順調だったが 
ドクターの説明も 耳に入らなかった 一日へこんでた
次回から 以前使った抗がん剤を試すことになる
いぜん2回やったが きつすぎて肝臓がやられて 途中で中止したやつだ
効いてた抗がん剤も 薬剤耐性で次々効かなくなり 
抗がん剤の種類も限られ 後がなくなってくる 不安と恐怖に襲われる
これから先 どうなるんだろう

2003・9・12金
歯医者 完治 

2003・9・18木(新しい抗がん剤)
今日から 新しい抗がん剤・ジェムザールを使う
以前肝臓がやられてるので 肝臓がもつよう 祈る
ジェムザールは微熱がでるので気をつける
吐き気止め プリンペラン錠 リンデロン錠(ステロイド剤)
このステロイド剤が肥えるのだ

2003・9・25木(抗がん剤2)
採血の結果 肝臓が無事だったので 抗がん剤続行できる  
肝臓(GPT)33H 基準値5〜30 胸をなでおろす

2003・10・1水(LIVE・CD闘病闘唄発売日)
病気のほうは気の抜けない微妙な中 2003年7月31日に1年半ぶりに
行った ソロライブCD・闘病闘唄の発売日を迎えた
ホームページでも購入できるよう 管理人さんと相談しながら
新しくCD購入コーナーを作った

2003・10・2木(ガンが小さくなってた日)
採血の結果 今回はジェムザールが良く効いて グンと小さくなってた
今回CEA・388   前回・CEA・487.9H  大喜びする
    6月23日  7月14日   8月6日  9月11日  10月2日
CEA 302.8   344.1H  361.9H 487.9H  388.7H
肝臓(GPT)は46H 前回33H と少し悪くなってるが 許容範囲内だ

2003・10・4土(ノックユアハート・ゲスト出演)
大阪箕面にある精神障害者の方達のイベント 
ノックユアハートにゲスト出演だ 以前病気と闘うようすが新聞で紹介され
感銘され出演依頼をうけたんだ 種類はちがうけど障害者の方達も
今の境遇に振り回されることなく 闘ってるんだ 
新聞で紹介され反響があった たとえば同じ肺ガンと闘ってる63歳のY氏 
病気されるまで トライアスロンを趣味にされる超人
新聞で光太郎の記事を見て 息子さんにこの人のホームページを見たいと言われ
家族の方を通じて メールのやりとりをしていた
今日は入院中もかかわらず 外泊をしてコンサートを見にきてくれた
初めて逢うなり 二人共涙を流しながら 抱き合った
お茶を飲みながら 時がたつのも忘れ 涙ながらに語りあった
絶対負けないでね 絶対がんばってね 絶対がんばりましょうね
出演時間が来て ステージの幕が開き 最初に講演を行った
前日からずっと書いていた 病気の体験談を通じて話した
その後 心のかぎり必死で歌った 
勇気希望忍耐! 勇気希望忍耐! 勇気希望忍耐!抱きしめて
(KOUTARO談・2003年11月11日現在執筆)
闘いは まだまだ続きます 本当にガンになる人が多いのにビックリします
そんな中 11月9日 CD発売記念ライブ闘病闘唄を行う事にしました
絶対負けないで 生きてる事を実感し 心のかぎり歌ってきます
2003年10月16日でガンになって 2年がたちます
最初は脳腫瘍の治療をしないと あと3ヶ月って言われましたが2年です
検査結果が良かったら喜んで 悪かったら へこんでの毎日です
今日までの経験で一番大切だと思うのは 闘う事です 
闘えば 強くなれるし 明るく負けずに元気でいれば
家族も冗談のひとつも言え 明るくなります 病気の本人が落ち込んでいれば
冗談にならないので 家族も回りも気をつかい暗くなります
泣いて泣いて泣き疲れたら ガッツを見せましょう 弱弱しくっても
フラフラしながらでも立ち上がり 負けないで闘いましょう
生きてる間は負けないで 闘いましょう 
この世に魔法はないけれど 奇跡は存在します 
命が燃え尽きる 最後の最後の最後まで 自分が主人公でいましょう
病気だから不幸なんじゃなく 病気に負け嘆き悲しむ心が不幸だと気づきました
人生とは 生まれて 死ぬまでの事をいいます 今はまだ人生の途中です
病気の今も生きて 人生の途中を歩んでいます 
自分の人生 自分が主人公です 死ぬ事は結局 生き方です
だから病気と闘う同士諸君 絶対負けないで 今の境遇を嘆かないで
けなげに すこやかに 健全に 優々 真正面から闘いましょう!
そして自分の人生の生き方 瞬間瞬間の連続の毎日に刻み込みましょう
光太郎も絶対 何があっても負けないで 心臓が動くかぎり
奇跡を信じ がんばります 全国の同士諸君 健闘を祈ります!
勇気希望忍耐! 勇気希望忍耐! 勇気希望忍耐!

以下 2004年2月29日up

2003・10・16木(ガンになって丸2年目)
抗がん剤 1回目 (ジェムザール)
CEA520(腫瘍マーカー・採血で体内のガンの面積・標準0〜5)
大きくなってた めちゃめちゃへこむ
ガンになって丸2年だ

2003・10・23木
抗がん剤 2回目 (ジェムザール)
胸CT撮影 
2週 抗がん剤をやって 2週 休みが
2週 抗がん剤をやって 1週 休みになるかも
採血をして 体調と相談しながらだ
舌の端に血豆ができた くちびるにも 血豆ができた
風呂あがり 体がジンマシンのように かゆいので
かいてたら 小さなブツブツが いっぱい出来て気持ち悪い
ドクターに相談したら 全部 抗がん剤の副作用らしい
顕微鏡で見ないと 見えない毛細血管が 切れてたりするらしい

2003・10・30木
CEA491.6(腫瘍マーカー・体内のガンの面積)少し小さくなる
次回から 3週 1週休みになる

2003・10・31金(母校セミナー)
今日は母校の音楽学校 
京都ANスクールオブミュージックで セミナー 1日先生だ
久しぶりに ギターをさげて 病気前によく着てた
お気に入りの 赤のジャケットに 皮のパンツで行くが
あまりにも 体力の衰えに 自信をなくす
久しぶりに乗った電車 息ギレで ゼーゼー
ショーウィンドーに写る 自分の足が 象のように肥えていて 又 自信なくす

2003・11・8土
バンドのリハーサル
声が枯れる 少し しんどい

2003・11・9日(神戸・上屋・闘病闘唄・CD発売記念LIVE)
闘病闘唄(7月31日のライブCD)のCD発売記念LIVEだ
昨日は声が枯れ 少 ししんどかったが 今日は元気だ
NHKの取材 たくさんのファンの方が駆けつけてくれて
歓喜 歓喜 歓喜で大成功に終る やっぱり歌ってるほうが元気だ
病気以前からずっと応援してくれてた 上屋のマスター
病気をして 初めて マスターの店で 元気いっぱい歌ったんだ
打ち上げパーティーも終り ファンの方も ミュージシャンも帰り
最後になったkoutaro ようやく着替え 楽屋の電気を消して
降りてきたら マスターが一人 ずっと拍手をしてくれたパチパチパチ
目に涙を浮かべ 本当によかったを くり返すマスター
小雨降る 神戸の街 車のバックミラー どこまでも見送ってくれるマスター
ずっと一人 拍手を続ける マスター 鳴り止まず パチパチパチ
ハンドルにぎる僕の目にも いつしか涙が浮かび 神戸の街も濡れていた 
人生 今も旅の途中 
歓喜 歓喜 歓喜の連続だ

2003・11・13木
CEA587(2週休みのあいだに大きくなってた)
抗がん剤 1回目(ジェムザール)
NHKカメラなしの取材だが 今日1日で僕の許容範囲を超えましたと
カメラマンの方の感想 治療 ドクターの話 会計 すべてビックリしてた
koutaroさんには毎回でも 僕には きつすぎますと涙を浮かべてた

2003・11・9水
Voレッスン(病気以前から頼まれてたのでOKした)
今日がレッスン初日だが NHKの取材が入る
カメラの回ってる中 レッスンをする 生徒さんも大変だ

2003・11・20木
抗がん剤 2回目(ジェムザール)
GPT(肝臓の数値)64H ちょっと肝臓が悪くなってる
なんとか抗がん剤ができる ギリギリの数値だ
 日にち  11・20  11・13  10・30  10・23  10・16
 GPT    64H    24     44H   43H    31H
漢方薬のウコンを中止してたからかな?

2003・11・27木(肝臓悪くて抗がん剤中止)
GPT(肝臓の数値)113H・数値を100超えると危険なんだ
3週 抗がん剤・1週 休み(4週・1クール中止)
2週 抗がん剤・1週 休み(3週・1クールに変わる)
毎回 肝臓の数値を見ながら行く
今は毎日漢方薬 3回 田七人参&ウコン&アクファを飲んでいる
それでも 抗がん剤がきつすぎて 漢方薬もおっつかない

2003・12・4木
CEA(腫瘍マーカー)759.3
抗がん剤(ジェムザール)
GPT(肝臓)53H

2003・12・8月
MRI(頭部の撮影)
NHKの取材

2003・12・11木
CEA702.9
抗がん剤(ジェムザール)
GPT(肝臓)84H

2003・12・12金
腹部エコー

2003・12・18木(3度目の転移の疑い)
総合医療センターでの診察
脳への転移の疑いの為
震えながら 診察の順番を待つ
やはり転移は決定的だった 3度目のガンマーナイフ決定
めちゃくちゃ落ち込む 恐いよ〜

2003・12・22月
胸・CT撮影

2003・12・23火(天皇誕生日)
子供会のイベントに招かれて歌う 
朝 早く10時から小学校の体育館でのライブだ 
風邪気味のうえ 体育館で冷えて 咳が出る

2003・12・24水(風邪気味)
神戸の友人達と忘年会の予定だったが
風邪気味になり 行くのをあきらめる 残念だ
咳が出る

2003・12・25木(総合医療センター入院)
2泊3日で入院して 治療の予定だ もうドキドキだ 恐いよ〜
街は クリスマスで うかれている 
12階の個室の窓から見える夜景も 明日の事を考えると目に入らない
ようやく眠りに着くが 朝方4:45 目がさめて眠れない 恐いよ〜
咳がまだ出てるので 咳止め薬をもらう

2003・12・26金(3回目のガンマーナイフ当日)
朝6:30頃 手術着に着替える 咳がまだ出てるのが気になり
相談したら 咳は全然大丈夫だそうだ
7:00点滴 8:00 注射
8:40頃 ストレッチャーに乗り換える
いよいよだ 今から 地下までエレベーターで行く
寝かされてるので 天井の蛍光灯が流れる 恐いよ〜
NHKのカメラがずっとその様子を取材してる
9:00スタート TVカメラが見守る中 
痛みに耐えてプロテクターを着ける
小脳・2cm強 
右脳・小さいの2ツ(2年前の再発 芯だけ残っていた為)
約2時間かかった

2003・12・27土(総合医療センター退院)
どんな辛い事でも 過ぎてしまえば なんでもない
今日は12階の景色を満喫した
無事 退院した

2003・12・28日(友人宅パーティー)
前からの約束で 友人宅のパーティーで歌う事になってた
NHKの取材 歓びいっぱいで歌った
まだ咳が残ってる

2003・12・29月(余命あと6ヶ月)
退院してS病院へ帰ってきての診察
CTの結果 肺の影 原発と胸膜
胸膜の部分が 新たに転移の疑い 
リンパにも 疑いの腫瘍が 発見される
すべて疑いで 手術して開いてみないと 確かな事はわからないが
CEA(腫瘍マーカー)の数値では 転移の疑いだ
先生に最悪を尋ねたら 何日って事はないですと言われた
長くて 6ヶ月ですと言われた
目の前が真っ暗になり 何も見えなかった

2003・12・30
年賀状を手書きで 毎年書いてるので書く
書道が趣味だが 久しぶりに 書道セット引っぱり出した 

2003・12・31(大晦日)
気をとりなおし 奇跡の完治を改めて誓う
午前中 お正月の買出しなど 忙しくでかける
まるで 病気がウソのようだ
年越しそばを食べながら 新年に備える
なんとか 新年を迎えられそうだ 抱負を考える

2004・1・1木(謹賀新年)
色々あったけど 新年を無事 迎える事ができた
今年のお正月は また嬉しさも ひとしおだ
次々来客があり 友人達と 遅くまで語りあい 完治を約束し決意する

2004・1・4日(新年会)
友人宅で新年会 
色々あったけど 本当に新年を迎えられて嬉しい
いつまでも 友人達と語りあった

2004・1・5月
イベントで歌う 咳が出てるけど
本番はバッチリできた

2004・1・8木(初病院)
CEA986
今日から新しい抗がん剤(ナベルビン)を使う
今まで色々抗がん剤を使ってきたけど 
これが厚生省が認めてる 最後の抗がん剤だ これが効かなかったら
手のほどこしようがない 今まで使った抗がん剤を もう一度試すくらいだ
後は ホスピスか 対処療法 痛みが出たら 
モルヒネとかを使っていくやりかたしかないと言われる
ナベルビンは筋肉痛が副作用にある 体中が風邪の引き初めのように痛い

2004・1・9金
副作用で熱っぽい 37.2℃ 熱っぽい

2004・1・10土(天仙液)
VOレッスン
新聞を通じて知り合いになった方が 天仙液&天仙丸をゆずってくれた
すごく高価な漢方薬だ わざわざ自宅まで届けてくれた 感謝 感謝だ
必ず完治するぞと決意を固める
まだ少し熱っぽい

2004・1・11日
熱も下がり 体が楽になる

2004・1・14水(リハーサル)
血管痛少し ギターや歌で 肩 うで 腹筋が痛い
副作用に苦しむ NHK自宅で取材

2004・1・15(抗がん剤・ナベルビン)
血管痛少し 点滴 違う手に変えてもらう 
採血 肝臓・GPT48H

2004・1・16金
筋肉痛で眠れなかった 昼間は痛みはあまりなかった
胃痛やむかつきがある いままでの抗がん剤で一番きつい

2004・1・17土(阪神大震災から9年)
筋肉痛少しまし 咳少し むかつき

2004・1・18日(リハーサル)
リハーサルで歌ったから 全身が筋肉痛 特にあばら腹筋が痛い
夜は痛くて眠れない 副作用に悩む

2004・19月
日中は筋肉痛はましだが 夜になると 全体が痛く 眠れない

2004・1・20火
身体の節々が痛い 胃の調子あまりよくない 歯磨き&うがいで気持ち悪い
ロキソニン(痛み止め)飲んで痛み収まる

2004・1・21水
なんとなく身体がだるい 
Voレッスン
早く休む

2004・1・22木
CEA(腫瘍マーカー)950
白血球3500 GPT68Hで 抗がん剤中止
胃の調子悪く 下腹が痛い ドクターは副作用だと話してくれた

2004・1・23金
腹痛少しましになった
ライブの衣装を買いに行く
夜 東京の友人が大阪でライブがあるので その後お茶する事になった
結局自宅で遅くまで話す

2004・1・24土
体調いい 

2004・1・25日(リハーサル)
リハーサル
体調いい

2004・1・28水(リハーサル)
歌いすぎて 腹筋痛少し 声はよく出る

2004・1・29木(朝日放送ラジオ取材&放送)
いつも夕方のニュース番組でおなじみの 
アナウンサーの方が取材に来られた
結構長い事話した
東京からも友人が来てくれて 語り会う
この日は 話しすぎと寝不足で 疲れた 咳が少しでる

2004・1・30(瑠璃色の地上LIVE)
大阪南アメリカ村ビッグキャットでのLIVE(瑠璃色の地上)
大勢のファンの方が来てくれる 
NHKテレビ ABCラジオ 取材
ライブ直前まで咳が出るが 本番は咳も止まり
声もよく出て大成功に終る
この日は記念すべき日になった 歓喜 歓喜 歓喜の日

2004・1・31土
心地よい疲れで目覚める
夜 東京の友人がわざわざ昨日のLIVEを見に来てくれたので
自宅で語り会う

2004・2・1日(府知事選)
府知事選の投票へ行く
中学校の新聞のコラムの執筆の依頼受ける

2004・2・2月
CEA1124.5(腫瘍マーカー標準0〜5)
ついに最初に入院したときより 大きくなる めちゃめちゃへこむ
抗がん剤(ナベルビン)
CEA(腫瘍マーカー)が上がってるので 肺の中の転移が大
免疫療法の話をドクターに相談する
右肩肩甲骨の裏がだるい

2004・2・3火(ABCラジオ放送)
体調はいいものの 咳が出る
ABCラジオ放送で紹介される 
友人が来て語り会う

2004・2・4水
NHK自宅で撮影
抗がん剤のせいか 風邪の引き始めのような だるい状態でゆっくり寝てる
節々がヒリヒリ 筋肉痛 咳も多い 食欲あまりない

2004・2・5木
咳は昨日よりましだ 背中の左 だるい

2004・2・6金
ABCアナウンサー自宅に招いて語り会う

2004・2・9月(抗がん剤)
抗がん剤(ナベルビン)
ビタミン等(肩こりの薬)もらう 咳少し
NHK予告放映 中学校コラム執筆提出
紹介状とCT貸し出し

2004・2・10火(関西版NHK・TV放映日)
朝駐車場で咳をして 息が出来なくなるようで恐かった
背中が痛くてだるい むかつき
NHKテレビ放映される 大反響だ

2004・2・12木(医大へ免疫療法診察)
免疫療法が受けられるか 診察に行く
採血をして身体の中にムチン(CA15-3)と言う抗体があれば
免疫療法をやっても効果がある
採血をする 次回 どうなるかわかる 不安だ
背中が痛くヒリヒリする 少々疲れたので 早く休む

2004・2・13金(昨日の結果報告)
採血の結果 ムチン(CA15-3)という抗体があるかどうか
まだはわからない 来週に持ち越しだ
CEA(腫瘍マーカー)1500と絶望的な大きさだ
咳少し 早く休む

2004・2・14(東京へ行く)
毎日めまぐるしく過ぎる日々の中 東京でのLIVE
急遽決めたんだけど 東京のミュージシャンの友人&ファンの方
たくさん集まってくれて 大セッション大会になる
念の為ロキソニン(痛み止め)飲む
夜は東京に住んでた時のご近所さんが 泊めてくれる事になる
ライブが終って 焼肉パーティで盛りあがり語りあう

2004・2・15日(東京2日目)
2日間とも暖かい 帰りの新幹線に乗り遅れそうになって
走りすぎて 何とか飛び乗れたけど 息がなかなか戻らなくしんどかった
大阪の自宅に着いて その夜はゆっくり夢を見ながら休んだ
本当に楽しい東京だった 本当無理しても行ってよかった

2004・2・16月
抗がん剤中止 
CEA(腫瘍マーカー)1179
医大ではCEA1500 だったが 測定する機械が変わったら
数値も変わるらしい
今のS病院では 薬はイレッサをもう一度飲むか
10年前の抗がん剤か 対処療法かホスピスしかないとはっきり言われる
医大より採血の結果報告 ムチン(CA15-3)は無い
がっくりしていたが 1月23日からスタートしてる
新しい臨床試験の免疫療法をやってもらえる事になり大喜びする
それまでは抗がん剤はやってはいけない
ちょうど もう抗がん剤もなくなっていたので グッドタイミングだ

2004・2・18水(ガンサポート取材依頼)
身体がヒリヒリする 熱はないが抗生物質を飲んで 早く休む

2004・2・19(セミナー)
「いのちと出会う会」でお話&ミニライブ行う
自分が経験した事や 病気と闘う事の素晴らしさ語る
NHK神戸方面放映

2004・2・20金(NHKテレビ全国放送)
NHKテレビ 全国放送で紹介される
大反響で電話がひっきりなしに鳴り ハワイからもメールを戴く
久しぶりの友人とも電話で話した

2004・2・21土(神戸へ食事)
神戸の友人のお店 美味しい活魚を食べさせてくれるとこがあって
大阪の友人達と出かけていく 本当美味しかった
美味しい刺身をお腹いっぱい食べた
HPの管理人さんが金沢から帰ってきた日で
お土産に カニ&あわびを買ってきてくれて みんなでいただいた
美味しかったよ〜 咳が出たけど 美味しかった〜

2004・2・23月(S病院最後)
今までお世話になった S病院では 出来る事は
対処療法かホスピス 医大の免疫療法にかける為
今日がS病院最後の診察日だ ドクターに最後の挨拶をした

2004・2・25水(今いよいよの時期を迎えての心中)
今までお世話になった病院では 出来る事もなくなり
痛くなった時にモルヒネを打ったりとかの対処療法しかないと言われた
ものすごくショックで目の前が真っ暗になったのを憶えています
あとドクターの口から おかしい〜なぁ〜
CEA(腫瘍マーカー)が1000も超えてたらもっと元気ないはずやけどな〜
先生 こぶしぐらいの大きさですか?
いや1000も超えてたら もっと大きいですよ
レントゲンを見るとそんなに大きくないし〜 CEAをたくさん出す
ガン細胞かもしれませんね
今は追い詰められた状況に見えますが 
koutaroは全然あきらめてません 必ず奇跡の完治してみせます
3月末から 医大で新しい免疫療法を受けます
今現在の体調はあい変らず 食欲もあり 痛みもありません
特に 抗がん剤をやっていないから 元気です
自分でも本当にガンかなぁ〜って思うくらいです
今は出口の前の暗闇と思い 逆に希望を胸に 毎日過ごしています
そんな中 たくさんのセミナーの依頼を受けたり
TV取材 3月5日にはABCラジオの生出演
3月27日には大阪で久しぶり一人でライブを行います
ドクターの口からは恐い事ばっかり飛び出ますが
koutaroは益々勢力的です 絶対弱音は吐かず
奇跡の完治 めざして がんばり抜きます
全国の病気や困難と闘う同志諸君 
今この瞬間も自分の人生です 人生に臆病を刻む事なく
心の奥の勇気を握りしめ 思いっきり前に振りかざし 行きましょう
勇気希望忍耐! 勇気希望忍耐! 勇気希望忍耐!

「勝利の決意」

今日


勝とう

そして

明日

なったなら
 
また
勝とう

毎日

ひとつ
ひとつ

乗り越えて
行こう

ひとつ
づつ

勝利

つなぎ
合わせて

生き方

できあがる


最悪に見えても
惑わされるな

もう
ダメに思えても
惑わされるな

必ず
困難は
乗り越えられる
のだから

主人公

決意

定まって
ないから

不安

恐怖


怯え
おののき

ぶざま

醜態
さらけだす

心を定め

勝つ

決意しよう

勝つ

決意した時から

本当


もう
勝って
いるんだ

その日

来るまで

勝ち
続けよう

ぐらついたなら

また
決意しよう

毎日
毎日

決意
しよう

不可能

可能

なるのだから

初まり

心から

たとえ


どんな
状況でも

澄み切った
雲ひとつない

青空のような
心でありたい

今の状況

逃げないで

今の状況

中で

勝利
しよう

そう

真正面
から
闘おう

困難
なんかに
負けて
なるものか

恐くても
弱くても

足がブルブル
震えながらでも



進もう

今日
勝とう

勇気

かかげ

       勇戦士koutaro